スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ルルーシュ=猫目

ルルーシュに限らずかもしれんけど、目がネコっぽいんだよなー。

加えて、左目と右目のゆがみというかギャップが大きいのが特徴っぽい。

いつでもどこでもあんな絵が描けたらさぞ幸せだろう。うらやまっすぃ!

スポンサーサイト

2007年03月31日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

ラスト・エヴォルーション

いまはコードギアスに侵食されてしまっているけど、
2006年のほとんどをウテナの曲で過ごしたっけ。

表題のラスト・エヴォルーションは、
物語のわりと最初の方でかかる、大好きな曲です。

シーンと曲の盛り上がりの熱いシンクロ、
そしてニクイ音量の調節が見事にマッチしていて、
アニメってのは、演出ってのはすげえんだなーと
ひたすら感激した曲なのであった。

アニメーションの素晴らしさを教えてくれた
ウテナがなかったら、ギアスも観ていなかったと思う。

地域によっては1時間後にギアスの最終回か。。
明日の放映ちゃんと観られるかな~。

2007年03月30日 ウテナ トラックバック:0 コメント:0

アストラガルス地球双六

最近ギアスまわりの曲ばっかり聴いていたけど、
久々にウテナのサントラを車内に放送した。

アストラガルス地球双六はイントロがいい。(長いくせに)
ずっしりした音だけどテンポがいいので聴いてて気持ちがいいんだなー

明日もウテナで出勤しよう。朝から決闘曲で気高く出勤!

2007年03月29日 ウテナ トラックバック:0 コメント:2

ガウェイン音(おん)

冷蔵庫のような、エントリープラグの中のような、
なんかすごい重く低ーい音が鳴ってんだよなあ。

この音があるだけでもいかにもデカイって感じがする。
絵だけじゃなくって、音の演出もあなどれないわー

それにしても、これどうすんだ。
何がどうなろうとハッピーエンドが見込めない内容じゃねーか!

2007年03月28日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

ガウェイン=見せ方がうまいんだろうなあ

ガウェインのでかさというのが、十分伝わってくる。
ただ大きいだけじゃなく、なんかバカでかいんだよなー。
空中をゆっくり移動してくる様なんて、圧巻だもんね。
やはりアニメというのはすごいのう。

2007年03月27日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

桂2ケーツー、桂3ケースリーは背後に回って待機!

1500円くらいでコードギアス将棋でねーかなー
一手一手にルル声のフルボイス演出を入れてくれるだけで
じゅうぶん遊んでみたいと思える。(すぐ飽きそうだけど

「なんだ・・もっとも愚かな手を打ったな」←相手が二歩で退場

飛車を中心とした香車4枚使いの、
藤堂ザンキさん(←違う)お得意の渋い声で
「なんとかかんとか自在陣に切り替えろ!」←成って竜王ザンキ声
「承承承承知知知知!!!!」←香車4枚同時ボイス
UGgggh,そんな将棋やってみてぇ~~~ッッ

2007年03月22日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

オレンジの危うさ

コードギアスのファンの間では
ジェレミアとオレンジは切っても切れない要素だけど、
だがあまりファンがオレンジオレンジ言うと
新規の人が「何それ勝手に盛り上がってれば?」なんつって
アレルギー起こすんじゃないかとすこし心配だ。

それもファン(そしてスタッフも?)の愛ゆえなんだよね。
ベジータばりに液体漬けになっている姿は実に男前であった!

OPで改造人間みたく目を光らせているカット、実にいいわーーー

2007年03月22日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

「う、は、う、は、」

・・そう聞こえるシーツーのテーマ曲(と勝手に命名)
これシーツー以外のシーンでも結構使われるんだよなー

人間じゃないシーツー超回復@洞窟での
「名前を呼んでくれ」のときのしおらしさは貴重です。

気絶から目が覚めて悲しげなC.C.に対して、
一度しか言わんとことわって、
わざわざ「・・ありがとう」と言ったのは、
ルルの優しさ・甘さなのかなーともおもった。

こいつが成田連山をぶっ崩した人とは思えません><

2007年03月20日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

アニメ雑誌のコードギアス特集

アニメージュとアニメディアをデュアルコアで買ってきてしまった。
これまでアニメ雑誌なんて一度も買ったことなかったんだけどな。。

模写用にルルーシュの絵が載っていればそれでよかったのに、
なんか立派な「黒の騎士団手帳」みたいなやつが付いていたり、
どちらもコードギアス特集の付録がやけに充実しているようです。
やっぱ終盤だし、盛り上げるフェーズなのかな~

アニメージュの表紙の画風がちょっと違ってたりしてやや違和感あり。
スザクってそんな顔じゃないだろと。だが、クレジットをみると
OPだかEDで名前を見たことのある「千羽由利子」となってました。
だんだんこういう名前が頭にインプットされてきた。大丈夫なのかおれは。。

2007年03月19日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

「切っちゃったよルルのやつうー!」

このシャーリーの電話が原因で、謎の少女C.C.シーツーさんが
親衛隊のハイネスおじさんに眉間を撃ち抜かれるのでした。
(第1話)

「切っちゃったよルルのやつうー!」
シャーリーの上ずった感じの声が印象的です。

コンサートのチケットを渡すまで、そして渡した直後の(第12話)
シャーリーの女の子っぷりには、こっちの気がおかしくなりそうだ!

生徒会長じゃないけど、
こんな子が目の前にいたら、かーわいいねェ~と思ってしまうな~

2007年03月16日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

「我が騎士ギルフォードよ。。」

死を覚悟したコーネリアはえらいかっこいいなあ。
ギルフォードが常に総督の心配しているのはよいものだ。

そして「う、うっ動くなとのそっそそそ総督の厳命ぇ!(ユフィ)」
震えるお飾り副総督だったが、ここで特派登場!また泣きました。


関係ないが、藤堂があまりにザンキさん過ぎる。なにその声。

2007年03月15日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

「藤堂があー藤堂があー」

第10話:紅蓮 舞う

このあたりは全然復習してないので、新鮮に観られるなあ。

「藤堂があー・・藤堂があー・・」(←うわ言のように

っておっさん、あんたらひたすら神風待ちですか。。

ぜんぜん関係ないけど、コーネリアは紫色の唇がきれいだ。

2007年03月13日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

「女神様に見えたんです」「だめじゃありません!」

こんな素直でまっすぐな言葉はあるだろうか。
おいニーナ。おれあんたを誤解してたよ。あーもうだめだ。

神の島に引き続きキュウシュウ戦役・・
このスパコン発動泣きコンボはいったいなんなのか。

第20話はニーナの仕事が究極完全本番すさまじい。
もうこの場面のニーナだけでゆうに5日分泣く。
想いというのは、ここまで人の心を打つのか!←おれの心をだが!

「だって必要なんです・・あたしにとって」
「ありがとうニーナ」「あなたに会えてよかったわ」

なんだこの神会話!!!しぐ~~~~

2007年03月13日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

コードギアス=ティッシュ番組

ユーフェミアのうざったさ全てを許せるようになりました。

もはやギアスを自分以外の人と一緒にみることはできない。
涙どころか鼻水までもが視聴を阻む。邪魔すんじゃねえ!
モニターの前は即座にチリ紙が満載になりました。過積載!過積載!

あ~どうしておれは人間界に生まれてきたんだろう。
虐げられるイレブンとしてでもいい、
おれをそっちに行かせてくれ!!!!!

2007年03月11日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

たっ、探索を続行します

第1話も見どころが多いよなあ。

後半にでてくる軍人の (←ルルが初めてギアス使った親衛隊のおっさん)
「もっ申し訳ありません(汗)」
「ワークフローはほぼ上方へ拡散したのですが、岩盤が・・(滝汗)」

岩盤が・・の言い訳っぽさがいい。
それにしてもワークフローってなんなんだ。よく聞き取れません。
毒ガスのことだと思うんだが謎だ。事務処理じゃあるまいし・・。

そして

「たっ、探索を続行します(津波汗)」

いい音声の篭もりっぷりだ。真似のし甲斐があるってもんです

2007年03月09日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

コードギアス新ED

今となっては「新」って頭に付けるほど新しくはないかな。

さて、新しいED曲であるモザイクカケラを聞くことで
軽く涙ぐめるというオーバースキルを手にしつつあります。

結局、新旧OP・ED全部受け入れてしまいました。
なんかもうギアス関係なら何でもOKになってきたなあ。。

曲とは全く関係ないが、「全力で」というフレーズは、
最初っから流行らせるつもりで仕込んだんだろうか?
一発でギアス関係とわかる、非常に便利な言葉であります。

2007年03月07日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

「こっちに来い!僕の中に来い!!」

お前を覗き見してやる~~~~!!!

いやーこの大画面モニタ壊しシーンは最高だ。
マオの顔は、たまにカイジばりの福本顔になるなー

ふざけんなこのガキ~~~~~!

2007年03月07日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

「そうらしいな」「やはりな」

こういう台詞を吐くときのルルーシュは、
たいてい顔つきが悪党テイストである。

ルルお得意の策略がピタッとはまって相手を圧倒、
うろたえながら何かをたずねてくる敵さんに
実にいい表情で「そうらしいな」を放つのであった。

あーこれってつまりマオ戦か。ほかにそういうシーンあったかなー

序盤のギアススペック調査で1人1ギアス(なにこのスローガン)を
解明したときの「やはりな」表情ともどもこれはもはや魔法である。
たまらん!これでルルに転ばないやつは、喝采のマオ500回の刑!!

2007年03月06日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

OPで乗馬するルルーシュ

パカランパカランと微妙に間抜けな気がするのは何故だ。

そういやウテナのOPでも無駄にウテナとアンシーが
甲冑まとって乗馬(なのかあれは・・)してて
徒競走ばりにお互い刺しつ刺されつしてたっけ。
アンシーの格好が変に力強くてかっこよかったですはい。

ギアスの話のはずが、ウテナになってしまった。

2007年03月04日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

ウテナではこうはいかない

コードギアスは、未見の人に勧めたくなる。
ウテナだったらありえんことだな~(濃すぎるので

ナナリーの千羽鶴に込められた願いってなんなんだろ。
優しい世界になりますように。。。なのかな

2007年03月03日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

「たかがパイロットが、よくも!」

第2話でルルーシュがランスロットに対して口にした言葉だが、
これは指揮官としての言葉なんだろうか。
まさかルルーシュ殿下としてじゃないよなあ。

「借りは返すぞ!」
すっかりゼロに融けてしまう前のカレンの勇ましい声(タメ口)はたまらん。

2007年03月01日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

「貴族最高ー!」「笑ってみせる!」

リヴァルの台詞のなかで、
記憶に残っているのがタイトルに挙げた2つです。

奴の声はキャッ党忍伝てやんでえに近い。(←ありふれた指摘

漢気を感じる「笑ってみせる!」はちょっとかっこいいと思う。

2007年03月01日 ルルーシュ トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。